H25.3.30 外国籍市民によるパネルディスカッション

「外国籍市民によるパネルディスカッション」を開催しました。

 平成25年3月30日(土)アバンセで、「教えて佐賀のこと、聞いて私の国のこと」と題し、在住外国人の方がパネリストとして意見を交わされました。

  今回は特に「医療と福祉」をテーマにみなさんにそれぞれの国の制度についてお話しいただきました。

 なかでも、「高齢者を大切に、尊敬の気持ちを忘れないで接すること」や「日本で病院にかかる時などは、自分の症状がどの専門の科にかかってよいかなど不安がある」また「来日間もなく、日本語で病気の症状の説明がうまくできずに苦労したが、地域の方々が親身になって助けてくださり、やはり周囲のサポートは重要である」などの意見や感想が出されていました。  

 

パネリストの紹介をされる馬場さん

真剣な表情で質問を聞くパネリストのみなさん

アレックスさんによるアメリカの紹介 

意見を述べられるパネリストの西久保さん

           

(C)佐賀市国際交流協会. All Right reserved.