タイ&インドネシア料理講座を開催しました

 平成29年3月12日(日)タイとインドネシア出身の留学生の方を講師にお迎えし、母国の料理を教えていただきました。

        

 *インドネシア出身のデビさんとフェブさん(左)、タイ出身のムックさん*

 デビさんとフェブさんにはインドネシアのスープ料理「ソトアヤム」を、ムックさんにはタイのチャーハン「カオパットムヤンクン」を教えていただきました。「ソトアヤム」は何種類かの調味料とニンニク、エシャロットをすり鉢で混ぜ、炒めたものをチキンスープに入れます。

  

 春雨とご飯にチキンスープをかけ、トッピングにコリアンダーの葉やフライドガーリックをかけると「ソトアヤム」のできあがり。とてもあっさりしたスープに仕上がりました。

            

「カオパットムヤンクン」は唐辛子、ナンプラー、ナムプリックパオの入った海老チャーハンです。

  

 できあがった「カオパットムヤンクン」はとても辛く、おいしく仕上がりました。タイではもっと辛いそうです。

            

 今回は東南アジアのタイとインドネシアの料理を1品ずつ作りました。「辛かったけど美味しかった」「楽しかった」という声を参加者の方からいただきました。

                 

            *御参加ありがとうございました*

 

 

 

 

 

(C)佐賀市国際交流協会. All Right reserved.